肌が綺麗な人に憧れる

昔からお肌がとても荒れやすく、小学低学年からニキビなどができやすいので色々試しました。クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、最低でもこの4つが必要ですが、全部良いものを揃えるのはとてもお金がかかるので、私はクレンジングと洗顔よりも化粧水と乳液のほうがお金をかけたほうが良いと思ったので、クレンジングと洗顔はドラックストアのものを使用してます。

最近はドラックストアでも無添加で良質のものがあります。ミルクタイプのクレンジングを使用することにお肌に負担をかけず必要な油分は残し、洗顔は押すだけで泡になるタイプで摩擦や肌に負担をかけないように力を入れずに顔を洗います。洗顔するときは37度前後のぬるま湯で洗い流して最後に冷水で毛穴を引き締めるようにしています。

シャワーの水圧で肌に負担がかかるので、負担がかからないように水に浸すようにするだけで、肌のトーンが数段白くなります。化粧水と乳液はスキンケアショップのやつを使用しています。薬用美白の化粧水はさっぱりタイプ、乳液はしっとりタイプを使用していて、染み込ませるように手のひらで3秒ずつ顔を覆うように押します。

それを毎日していると、肌に化粧水が染み込む感覚と音がするので、そのときにお肌が喜んでいると脳に思い込みさせることでさらに肌の調子が良くなります。酵母菌が糖質を分解(カロリーカット)

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。